毎日が喇叭日和。喇叭吹き阿部一樹のブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
facebookやtwitterの普及がはなはだしい昨今、ずいぶん前に始めたこのブログもその必要性が疑わしくなってきましているわけですが、こうやって年単位の気まぐれで書こうなどという気にもなるものです。そもそもこういったものを習慣的にまめに更新する性格を持ち合わせていないだけでなく、ごくまれに、こういったものの存在すらいかがなものかと疑心暗鬼になる僕ですが、だったらやめろよという自分とは裏腹に、このツールによってつながっていく不思議なご縁もまたひとしおなのです。

今年でめでたく30歳になる僕ですが、何か30年自信をもって積み上げてきたものはあるかと問われますと、それはトランペット以外何もなく、ありがたくも恵まれたチャンスを、ひとつひとつ一所懸命に生きてきただけといったところで、自分はトランペットという刀を失えばおよそゴミも同然なのです。

たかが30歳、されど30歳。いざ30を迎えるとなるとまぁそれなりに感慨深いものです。

15で東京にひとりで出てきたわけで、およそ人生の半分をトランペットと音楽の世界だけにおいてきたことを考えると、今現在の充実感と、またそれと矛盾していながらも確実にそこにある虚無感が入り乱れています。

ありがたくも恵まれてきたチャンスというのは、今思えばということも正直たくさんあるわけで、失敗や挫折、失意も多々あった中、その未練や後悔さえも誰に背中を押されるわけでなくモチベーションに変えて生きていくしかないのです。

こういったことを書き連ねる自分と、救いようのないほど楽観主義な自分が混在しているのが自分であり、そのどちらでもない自分を取り繕って生きてきたこれまでの中途半端な一面を一網打尽すべく、20代最後にあがいてみようかと思っております。2013年の抱負といったところで。

現在新幹線の車中。名古屋に向かっています。富士山は変わらずでかい。

スポンサーサイト
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 S A N C T U A R Y all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。